営業車をラッピングして広告効果

営業車のラッピングは自社の営業車や配送車両を、広告としても活用できる仕組みです。

これは環境に優しいことや、経済的なのでペイントよりも利用されることが多くなります。ペイントにはない方法で、営業車をラッピングするフィルムには、企業のロゴや製品の写真を掲載することもできます。またフィルムは簡単に剥がすことができ、ペイントのように新たに塗り替えることがないため、車両へ傷をつけることなく気軽に行えます。営業車のラッピングは最終的なコスト面や環境面でも大きなメリットがあるので、現代の広告媒体として利用されます。

車両専用のフィルムを使っており、同じように見えるものでも車両用・看板用では全く性能が違うので間違えないようにします。価格の面では看板で使用するフィルムよりも5倍くらい高くなる、効果なものを車両へ貼り付けていきます。似たようなフィルムがたくさんあるので、貼った直後では一見違いがわからないこともあります。しかし半年から1年くらい経った後、その違いが大きく出てくることも特徴です。

貼っていく施工の精度も大切で、価格にはとらわれることなく実績で見た方が明確になります。営業車をラッピングする際に広告として使用すれば、媒体費がゼロになるので有効活用できます。車を走らせるだけで広告となるので、一定の場所から移動しない看板よりも大きな効果があると言えます。またドライバーの規律も整うメリットがあり、秩序のある運転を心がける傾向にあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *