営業車をラッピングして広告効果を狙う

営業車は営業マンの必需品です。

クライアントと打ち合わせをするのに利用したり、取引先との商談のために活用したり、仕入先に出向いて交渉をしたりと、色々な場面で営業車は活躍します。公共交通機関もまた便利で経済的な移動手段です。しかし、短時間のうちに数多くの取引先を巡るのには少々不便です。営業車であれば、隣街にも短時間で商談へ向かえますし、時間は掛かりますが遠く離れた都心まで確実に営業活動へ行けます。ネット全盛期の昨今ですが、日本企業の多くがまだまだネット上でのコミュニケーションよりもリアルでの打ち合わせや商談を重要視しているのです。

営業車はそのまま、普通に利用してもデメリットはありませんが、同じ毎日活用するのであれば、本体にラッピングを施した方が宣伝効果を高められます。事実、数多くの企業や店舗が自社所有の車にラッピングを施しているのです。自社のマスコットキャラクターをデザインしたり、社名や主力製品を大きく横にラッピングをしたり、SNSアカウントや電話番号を明記したりと、色々な情報を営業車には掲載出来ます。

多種多様な情報をラッピングする事で、街中の人々に対して自然な形で自社の事をPR出来るのです。既存のマーケティング術とは違い、良い意味で広告らしさが無いのがメリットです。専門業者に依頼すれば、短期間でラッピングが終わりますので、車が使えなくて困るという不満点はありません。費用も大変リーズナブルであり、いわゆる普通に広告を出すよりも格安なのが利点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *