マットカラーを実現させる車両ラッピングの魅力

車両のラッピングはボディカラーを変化させる効果を楽しむことが根底にあり、一部の海外の高級車で採用されているマットカラーに施すことも可能です。

マットカラーの場合は普通の艶があるボディ塗装に対して、細かな傷が付いていることで実現できます。問題になることは塗装方法では難しい技術が必要なことと、お手入れ方法が限定されてしまうという点もあげられます。車両へのラッピングでマットカラーのシートを選ぶと、愛車を自分好みのマットな色に簡単に変化させることができます。ブラックだけではなく基本となるカラーリングの多くを専門メーカーから販売されているので、希望するカラーのシートを自由に選べます。

一部商品ではアイスカラーとして販売をしているので、もしも見つからない場合は、アイスカラーで検索する方法もあります。塗装ではなく車両向けのマットカラーのラッピングを使用することにはメリットを感じることができます。飽きてしまった際にはいつでも剥がせることや、傷んでしまった部分はパーツごとに貼り換えできるので、余分にシートを持っていると後からメンテナンスも簡単です。

お手入れは基本的には手洗い洗車が良いとされており、この点は他のラッピングシートとは変わりはありません。ただし、ワックスやコーティングなどを使用してしまうと、表面に艶が出来てしまうので注意が必要です。最新の情報ではマットカラー向けの液体状コーティング剤が販売されています。表面の保護を十分に行いたい方はこの商品を使うことで問題解消を行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *