配送車ラッピングは経済的で合理的

ビジネスの中で、知名度アップは売上拡大の大きな武器です。

テレビやネットなど、メディアで大規模な広告をかけられる大企業はその結果多くのユーザを獲得することができますが、だれもが広告に多大なお金をかけられるわけではありません。また、複数の工場を持つ大企業は生産能力があるので、売れれば売れるほど利益も大きくなりますが、中小企業は自社の生産能力の範囲で売り上げアップを目指すので、常時広告に費用をかけていてはその分を値段に乗せて価格競争力がなくなってしまいます。

そこで、一度施工すればランニングコストがかからない配送車ラッピングが効果的です。配送車は自社の商品配送やサービス提供エリアの中を移動するので、広告が見込み客のターゲットにピンポイントに届いて合理的です。ラッピングは良い意味で目立つのはもちろんですが、交通違反や違法駐車などマナー違反をすれば悪い意味でも目立ちます。

配送車はスピードと効率を優先しがちですが、グッドマナーの安全運転をすればその分人の目につく機会も増え、広告効果も上がって一石二鳥です。ラッピングをする際は、季節やイベントに応じて再塗装をする可能性があるか、自社の連絡先やロゴなど定番をプリントしてずっと使うかによって、使用期間が決まります。頻繁に再塗装をするなら不要ですが、長期間定番で使用する場合はラッピング後にボディコーティングをすると、塗装長持ちで見た目も耐久性もアップします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *