配送車をラッピングすればダブルの効果あり

物流の世界において欠かせないのがトラックやワゴンをはじめとする配送車ですが、近年では単にモノを運ぶための存在にとどまらず、広告媒体としての利用価値にも注目が集まっています。

というのも、たとえば大型トラックであればそのサイズ自体が人目を引きますし、コンテナの表面はとても広いので、そこに広告を掲載すれば高い視認効果が期待できるからです。走行中はもちろん、路肩に駐車して荷物の上げ下ろしを行っている間にも歩行者の目に留まるチャンスがありますし、コンテナ後部の扉部分は常に後続ドライバーの視界に入ります。わざわざ置き看板を設置しなくても、配送作業がそのまま宣伝活動になるので、とても合理的です。

このように配送車を広告媒体として活用する時は、ラッピングサービスを利用するのが便利です。ラッピングは文字や画像などをプリントしたフィルムシートを車体に貼り付けるという技法で、塗装と同じような効果が得られます。しかも大型トラックなどのように面積が広い場合は、直接描くよりも短期間で仕上げることができます。

自社の社名や商品名を入れたり、公式サイトのURLやQRコードを表示したりと、さまざまな使い方ができます。さらに物流会社にあっては、荷物の配送を受託すると同時に配送車にその広告をラッピングで掲載するといった使い方をすれば、手数料に加えて広告料を受け取るチャンスも生まれます。つまり、新たな収入獲得の手段として活用できるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *