配送車にラッピングする事で高い宣伝効果が得られます

最近では、街を走るバスや電車にもラッピングされている事が増えています。

技術が発達し、大きなシートにフルカラーで綺麗に印刷できる様になった事が、それを加速していると言えます。しかし意外に思えるのは、街を走行する中型のいわゆる銀トラに、こうしたラッピングでの宣伝を見る事が少ない事です。長距離を走るデコトラには運転者の趣味とする絵などを描いたものを見かけますが、これはラッピングではなく直接ペイントされているもので、手法も目的も異なります。

街を走行する中型の銀トラは、近距離の配送車として、商品を町の各所に配送する事が目的で、製品を扱う企業が保有しているケースと、専属契約した運送業者が運行しているケースがあります。しかし、いずれの場合にもこの配送車に自社の製品やサービスやイベント情報をPRするラッピングするのに、弊害となる要素はありません。

配送車の壁面を大きなキャンパスとして自社のPRを書いた配送車を走られせれば、多くの人の目に付き、PR効果は絶大と言えます。また直接ペイントするのではないので、新製品が出ればそのPRに変更したり、期間限定のキャンペーンやイベントの告知に使うにも非常に便利です。自社の配送車を単にものを運ぶツールから、動く広告塔としての機能を持たせる事で、企業や商品の認知度の向上にも活用できるのです。ラッピングを行ってくれる業者も多数あり、そうした業者さんに相談して検討される事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *