ラッピングなら配送車を走る看板にすることができる

物流サービスはモノの移動を通じて生活利便性の向上や経済の活性化に寄与する重要な業種ですが、その象徴とも言える存在が配送車です。

高速道路を走る長距離トラックから住宅街を行きかう宅配便の運搬車まで、世間にはさまざまなタイプの配送車が出回っています。この配送車ですが、多くの車両では荷台のコンテナ部分にいろいろなデザインが施されているのを目にします。シンプルなものでは社名やロゴマークが入っているだけですが、凝ったものになると美しい風景写真をあしらったり、ユニークなキャラクターを描いたりした車両などがあります。

中にはQRコードを表示して、それにスマートフォンをかざすと企業の公式サイトや商品の宣伝サイトなどに誘導する仕掛けが施されていたりするものもあります。こうしたデザインを実現するのに欠かせない技術が、ラッピングです。ラッピングとは、車両の全体または一部分を特殊なフィルムシートで覆うことをいいます。

このシートの表面にはインクジェットプリンタで文字や画像などを出力することができるので、印刷後に貼り付けるだけでさまざまなデザインを車体の上に表示できます。ラッピングを施した車で街を走れば、配送の仕事をしながら同時に広告宣伝活動を行うことが可能になります。固定式看板ならその設置場所を訪れた人しか見ることができませんが、この技術を使えば「看板」の方からいろいろな場所に出かけて行けるので、よりたくさんの人目に触れるチャンスが生まれることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *