なぜトラックにラッピングなのか

街中にはトラックがたくさん走っています。

片側一車線の道ではそう多くないかもしれませんが、国道など車線が多い道では多く見かけることがあるかと思われます。その車両たちはみな同じ車両でもなければ、色も違います。なぜ違うのでしょうか。そもそも、なぜトラックにラッピングをする必要があるのでしょうか。ラッピングというからには塗装をその車両事態に施しているわけではありません。

もちろん、車両そのものにコーポレートカラーを出していく場合には塗装をしている場合もありますが、そこにさらにコーポレートマークや社名を載せようとする場合が多いので塗装をしている車両は案外少ないものです。塗装をしていると剥がれてしまいますので、定期的な塗り直しが必要です。

もちろん、ラッピングも剥がれが発生する場合もありますが、塗装よりは耐久性は高いのではないでしょうか。風雨にさらされる環境ということもあって、耐久性に強い仕様になっているのでバリエーションを考えると最適なもののように思います。ではなぜそれをする必要があるのか。街中に走っているトラックの業者さんは一つだけではありません。いくつもあるということを考えると、色で区別する意味合いもありますが、依頼している業者さんにもこの会社のものだと認識してもらうため、ということも考えられます。ラッピングというのは、ただの飾りのように思われるかもしれませんが、実用性を考えると必要なものなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *