配送車両もラッピングなら安心

工場間や倉庫間を行き来したり、倉庫から店舗や個人宅もしくはオフィスに荷物を配達する配送車両には荷台部分がコンテナになっていることが多く、コンテナの左右や後方面にはラッピングを利用した広告などが掲載してあります。

配送車両に施す広告には社名やブランド、これらのロゴマークなどは一般的なものとしてラッピングを使って施工されているケースも多いのですが、配送車両により変更が生じない文字やイラストはペイント施工、変更が生じるような広告にはラッピングなどのように使い分けが行われているケースもあります。

社名などは車両を使い続ける限り変更する訳ではないため、塗装を利用していることが多いようです。ラッピングは耐久性があると言っても、長年使い続けると色が褪せてくることもありますし、洗車などによりフィルムが剥がれて来るなどのデメリットもあるため、定期的に変更を要するような広告掲載で活用する企業が多いのです。コスト的にも塗装を行うよりも低予算で施工ができますし、施工にかかる日数についても短期間で完了できるなどのメリットがあります。

特に配送車両の所有台数が多い場合、施工費用の節約にも繋がりますし、施工中は実質業務ができなくなるなどからも短期間で広告掲載が可能なラッピングへの注目が集まりやすいのです。さらに、印刷したフィルムを貼り付ける施工方法になるため、パソコンを使ってデザイン製作ができることや3次元データを使えばパソコン上でイメージの確認ができるなどの魅力もあるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *