ラッピングを配送車両に施すメリットとは?

配送車両のラッピングは低予算で施工ができること、施工期間の短縮を図れるなどの魅力があります。

ラッピングは印刷物の一つでもあり、同じデザインのフィルムを印刷で生産できます。配送車両を多く所有している会社ほどメリットか活かされますが、貼り付けるフィルムは剥がすこともできるため、半年や1年周期で広告の更新を行う時にも便利です。例えば、配送車両にキャンペーン情報を掲載したい場合、塗装ではキャンペーン終了後に数日間かけて塗装を取り除くなどが必要になります。塗装を取り除く作業は時間も手間も多くかかりますし、きれいに取り除くためには下地を研磨しなければならないケースも多いようです。

金属表面はコーティングにより腐食を防止できるわけですが、保護膜とも言えるようなコーティングも研磨により剥がれるなどからも余計な工数が必要になります。キャンペーン毎に同じような作業をしているのでは費用も多くかかりますし、施工にかかる時間も長引くなど通常業務に支障をきたしてしまいます。

ラッピングを使った場合には短期間で施工ができますし、掲載したい広告を変える時にはフィルムを剥がしてからを、表面をきれいに拭き取るなどで新しいフィルムを貼り付けることができるため、工場や倉庫に配送車両が不足してしまうなどのアクシデントが起こりにくくなるわけです。配送車両のコンテナ部分にきれいなデザインを施すことは、認知度をアップさせる効果の期待、普段から同じルートを走る場合にはアピールができるなどのメリットもあるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *