配送車両はラッピング出来るのか

配送車両を綺麗にデザインすれば、会社のイメージアップになりますし商品やサービスの宣伝にも使えます。

インパクトのあるデザインが作れれば、下手にチラシをまいたり看板を立てるよりも配送車両の方がよほど効果は高くなります。何よりも他の宣伝媒体と違って、ランニングコストがかからないという点が魅力的です。しかし塗装するとなるとそれなりの費用もかかりますし、せっかくなので出来るだけ費用を抑えたいというのも経営上の要求として当然です。

そんな希望を満たすのがラッピングですが、果たして配送車両にも向くのでしょうか。ラッピングはまず車体のトレースを行って、その形式に合わせてフィルムを加工していきます。ですから、扉やリフトや室外機などやたらと付属設備が出っ張っている配送車両でも大丈夫なのです。各パーツに分かれたフィルムを貼り付ける作業は、こうした複雑な構造の車両に塗装を施すのに比べてもまだ技術的なハードルは低いのです。

ラッピングは車体全体を覆う場合には専門工場へ依頼すべきですが、例えば荷台の側面だけなど場所や大きさが限定される時には、自社でプリントしたフィルムを貼り付ける事だって不可能ではありません。実際、そうした作業を愛車に行ってデコレーションする愛好家もいるのですから、業務用でももちろん可能です。そうなれば作業を外注するよりももっと費用が抑えられる事は言うまでもありません。しかも塗装と違って一発勝負ではなくやり直しが利くというのも挑戦しやすいポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *