配送車両のラッピングの魅力とは?

ラッピングと聞いた時、マイカーにデザインを作る時に使うもの、貼り付けても溶剤を使えばきれいに剥がせるので色やデザインに飽きた時でも簡単などのイメージを持つ人は多いと言えます。

施工においてはコツや技術が必要になるため、簡単にできるわけではありませんが、塗料を使った施工方法と比べた場合は容易にできますし、塗料を取り除くことで車体に傷がついてしまうのを防止できるなどのメリットがあります。車体に傷がつかないなどからも、リース契約の配送車両にも有効になるなどから配送車両の広告デザインでラッピングを行う会社も多くなっています。

配送車両を多く利用している会社の場合、施工にかかる費用が高額になりますし、半年から1年毎などのように定期的な広告の入れ換えが必要になればより多くの宣伝費が必要です。ラッピングの場合は印刷してあるフィルムを車両に貼り付けるやり方ですから、台数が多い場合でも塗装で行うよりも安く済みます。さらに、施工にかかる日数も短縮できるため、施工中で配送車両が足りなくなるなどのトラブル防止にも役立ちます。

塗装と比べると耐用年数は短くなりますが、洗車を行う時に機械洗車を避けて手洗い洗車で行えば、数年間はきれいな状態を維持できるなどメンテナンスの仕方を工夫すれば、耐用年数を延長させることも可能です。毎日利用する配送車両のラッピングは少ない経費で行えること、印刷済みのフィルムを使うため同一デザインで飾ることができる魅力を持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *