路線バスには広告を施せる場所が多くラッピングが便利

毎日同じルートを走行するのが路線バス、一定の区間を数回往復するため時間帯に応じて満員になることも少なくありません。

通勤通学時間帯にはいつもと同じお客さんが乗車するものの、他の時間帯になると普段あまり利用しないお客さんが乗車することもありまし、買い物や用事などで路線バスを使う人も少なくないわけです。また、バス停で待っている時なども、対向車線側を走行する路線バスを目にすることもあるなど、目にする機会が多い乗り物の一つではないでしょうか。

車両の両側は面積が広いため、窓の下側部分に大きなラッピング広告が施されていると目立ちます。この目立つ要素は広告宣伝にも良い影響を与える部分で、ラッピング広告の場合は仕上がりが早いこと、張り替えする時にも短時間で施工ができるなどのメリットを持ちます。但し、ラッピング広告は車両の外側だけでなく、内部にも効果を与えてくれます。ちなみに、車内の広告は場所に応じて料金が異なることをご存知でしょうか。

最も値段が高いと言われているのは、人目に付きやすい扉の上側です。こうした場所にラッピング広告を掲載しておけば、毎日通勤や通学で路線バスを利用するお客さんに訴求ができたり、商品やサービスのアピールができるなどのメリットに繋がって来ます。また、ラッピング広告はフィルムへの印刷を行っているものですから、降車を知らせるベルに貼り付けるものなども、数多くの施工ができるメリットも持っているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *