路線バスにラッピング広告を使うメリットとは

路線バスの中には大きな広告を掲載している車両を見かけることがある、その広告はどのようにして製作しているのか気になる人も多いのではないでしょうか。

車両に掲載されている広告は、塗料を使ってペイントしているものではなく、大半がラッピングを利用しているのが特徴です。広告掲載主からの依頼を受けて、路線バス会社が広告を掲載する流れになるわけですが、掲載期間が決まっているので、その間での広告収入を得られるバス会社側のメリットがあります。

しかし、塗装を使って広告を掲載してしまうと、その広告を取り除くためには車体の表面を傷つけてしまうケースもあり、車両をダメにしてしまう可能性もあるわけです。さらに、塗装で施工をするとなると、時間を多く必要としてしまい、路線バスの運行にも悪影響を及ぼすことになります。ラッピングの場合は、フィルムに広告を印刷する、そのフィルムを車体に貼り付けているので、掲載期間が過ぎた時にはフィルムを剥がすだけで元通りになりますし、施工に掛かる時間も大幅に削減できるメリットもあるわけです。

路線バスの広告は車両の外側だけでなく、車内にも掲載スペースがあり、初めから広告スペースになっている場所には紙を使った印刷物が掲載されることになります。ラッピングはフィルム状になっているものを貼り付けて施工を行う関係からも、降車合図になるベルや吊革、手すりの一部、その他の場所にも掲載できるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *