イベント車両を注目させるにはラッピングが最適

自動車のボディカラーを変えようとする場合、以前は塗料を使って全体を塗り替える必要がありました。

しかし現在では、もっと手軽にさまざまなカラーリングを楽しめる技術が広く普及しています。それがラッピングです。ラッピングは、樹脂製のフィルムで車全体を覆うことをいいます。つまり「塗り替え」でなく「貼り替え」によってカラーリングを施すわけです。塗装よりも簡単に、短期間で仕上げられることから、非常に人気があります。さらに無地の単色でだけでなく、文字やイラストなどをあしらうことができる点も人気の理由となっています。

大型のプリンターを使うことで、多様なバリエーションのデザインを出力することが可能です。ラッピングはさまざまな車種や用途に使えますが、商業利用の例としてよく見られるのはイベント車両です。イベント車両はその名の通り、コンサートや見本市、地域の町おこしといった各種イベントに使用される車両です。機材の運搬がメインですが、中にはトラックの荷台を改造して車両自体がブースや移動式店舗になっていたりするものもあります。

このイベント車両にラッピングを施し、イベントの開催日程などを掲示すれば、移動したり駐車している間に告知板としての機能を持たせることが可能になります。人目を引くデザインやカラーで、通行人や近隣住民への大きなアピール効果が期待できます。さらに荷台をカフェやケータリングスペースなどに改造したタイプであれば、ラッピングがそのまま装飾やメニュー表の役目を果たしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *